50代新人看護師、保育園に行く。で、ときどき落語

日々の雑感、お仕事や落語・・・

権助魚。。。やっちゃった・・・

 先週末の落語会。

 私は初めてのネタに挑戦した。『権助魚』ごんすけざかな。

 落語の登場人物は、八っつぁんに熊さん、横丁のご隠居、与太郎・・・などが定番だが、舞台が商家、お店となると、飯炊きの権助なる人物が出て来る。

 私の考えでは、町内の与太郎さんに匹敵するような存在だと思っている。もちろん、商家に与太郎さんが雇ってもらえるはずがない。だいたい与太郎さんはブラブラ遊んでいるからこそ、与太郎さんなのだ。

 そこで、登場する権助さん。いわゆる ”道化” 、馬鹿にされ軽んじられながら、面白おかしく騒動を起こし、時に周囲の賢い人たちを風刺する、そんな役回りだ。

 で、この権助の設定は、田舎から出て来て、飯炊きとして働いている、というものだ。その言葉遣いは、とにかく、なまっている。振る舞いも、住み込みの使用人ながら、店の主人にもズケズケと物を言う。だが、いかにも田舎もんという感じで、毒が薄まってしまう。『権助は、田舎もんだからしかたない』と周囲が勝手に思ってしまう。そこら中を裸足で歩き、服装は野暮で小汚く、いっこうに都会暮らしに染まる気配がない。

 では、権助はどこ出身なのかというと、それはハッキリしない。権助のしゃべる方言は ”てきとー” なのだ。なんとなく、関東周辺の、いかにも田舎の人がしゃべりそうな方言をねつ造して、話かがしゃべるのだ。あくまで、架空の方言である。

 これは、東京落語に限らず、上方でも同じだ。桂枝雀さんの『夏の医者』とか、いかにも、西日本のどこかの田舎の人といった感じだが、実際にそんなしゃべり方をする地方はどこにもない。みょうちきりんな言葉遣いである。

 と言うのは、やっぱり、権助とか、田吾作(たごさく。上方落語に、権助は出て来ない)は何県の出身とか、特定できない方がいいのだろう。お客さんのだれかに差し障りがあってもいけない。純度100%の ”田舎もん” を表現した存在なのだ。

 きっと、吉原の花魁が、独特の廓言葉をしゃべるのと同じかもしれない。あれは、その遊女がどこの出身か分からぬように、日本のどこにもない言葉でしゃべることによって、非日常へ、夢の世界へと、客を誘うのだ。

 (あ、このあいだ、『大吉原展』観てきました。よかったです!。えらいぞ!、芸大!)

 そう。だから、権助さんも、演者である噺家によって、面白おかしく、てきとーな方言でしゃべるのだ。

 

 私も権助のてきとー方言をしゃべるのが楽しい。・・・で、やっちゃった、というのは、人物が入れ替わっても、主人のセリフまで、なまってしまったのだ!!!。

 ・・・話の途中で、今、誰がしゃべってるのか、よく分からなくなってしまった。

 やはり、稽古不足を幕は待たない、とはよく言ったもんです。

 そして、やっぱり、てきとーであっても、方言というのは力強いものなのです。

 反省しつつ、今日はこのへんで。

手足口病!・・・じゃなかった件。。。

 先日のこと。間だ、朝礼が終わったばかりの時刻。

 1歳児の女の子、やっちゃん(仮名)を抱いて、早番の保育士さんが事務室に入ってきた。園長、副園長とその場にいた保育士さんたちが騒然となる。

 ・・・え?、何、何?・・・

 やっちゃんのかわいい♡お手々の平にポチポチができている。

 直径2~3ミリ、赤くて、中心は水疱のようだ。

 ・・・手足口病・・・???。実物を初めて見る私。。。(ちなみに、子どもの三大夏風邪” というのが、「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」である。)

 なんか、へんなネーミングだがそのものズバリらしい。

 口の中、手のひら、足の裏や甲に、2~3ミリの小さな水ぶくれのような発疹(水疱)がきる。肘や膝、おしりなどにも現れることがある。口の水ぶくれが破れて痛み、食べたり飲んだりできない。(←かわいそう)37〜38度ほどの発熱(3分の1ほどの確率)。

 7月にピークを迎えるウイルス性の感染症で、原因ウイルスは「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」、複数の種類があるので何度もかかる可能性がる。患者のほとんどは小児で、5歳未満の小児だ。ワクチンなどはなく、対症療法だけで、ほとんどの場合数日のうちに治るが、まれには髄膜炎などを引き起こす場合もあるという。

 でね。

 手足口病は保育園で感染しやすいのです!

 へんなネーミングのくせに感染力が高く、感染者の咳や鼻水、便から排出されたウイルスから感染が広がるんだそうな。当然、保育園としては、保護者にお休みをお願いする病気の一つだ。っていうか、子育てしたことのある人で、手足口病を知らない人はいないだろう。

 

 園長「お母さんは気づいてなかったの?」

 早番「気づいてらしたんですけど、何か触ってかぶれたのかなぁ、とおっしゃって・・・」

 やっちゃんの口の中、足には、ポチポチはない。水も飲めているとのこと(←ポチポチが口の中にはできてないらしい)、熱も平熱。・・・しかし、これはどう見ても『手足口病』ということで園長以下のベテランの意見が一致した。

 さっき帰って行ったばかりのお母さんに電話を入れる。

 結局、お母さんが病院に連れて行き、手足口病の診断が出なければ、もう一度、保育園に預けに来るということになった。戻って来たお母さんに平謝りしながらも、園長以下ホッと一息。やっちゃんは、他の児とは別の部屋でみていたので、感染が広がるおそれはないだろう、ということになた。

 

 そして、2時間後。お母さんから、電話が。なんと、『手足口病じゃないって言われたんで、これから預けに行きまーす♪』とのこと。

 うーん・・・。

 ちなみに、やっちゃんが行ったのは皮膚科のクリニック。「皮膚科の医者は見逃すんだよ。あるある、なんだよ。知らねえよぉ・・・(ブツブツ)」(←by とあるベテラン保育士)

 しかし、やっちゃんはその日、一日、健やかに過ごしました。別の部屋で。で、数日で手のひらのポチポチも消えた。もちろん、他の場所にはポチポチ広がらず。

 やっちゃん、やっぱり何かに触ってかぶれたのかなぁ・・・。

 

 今日はこのへんで。

正しい鼻血の止め方。。。キーゼルバッハってどこ・・・???

 正しい鼻血の止め方。。。

 看護師だからって、みんな、即答できるわけではないんじゃないだろうか。でも、”キーゼルバッハ部位” と言われると、あ、なんか、そういうの教科書にあったな、って思うだろう。その部位を圧迫止血するのです。

 要するに、鼻をつまむんです。キーゼルバッハ部位ってのは鼻中隔。左右の鼻の穴を隔てる固い壁の出口付近。それを”小鼻”(←鼻の膨らんだところ。鼻翼。)ごと押さえるのだ。

 先日、午睡の時間、5歳児男子が鼻血を出した。

 私が部屋に行くと、ベテランの保育士先生が止血している。さすがは、5歳児である。泣くどころか、まったく動揺せず、ニヤニヤしている。鼻血って、時々出す子は慣れているのだ。

 「ほじっちゃったの?」と私が聞くと、首を横にする。ぶつけたり、ほじりすぎたりしなくても、自然と子どもは、出るのである。

 うちの園では、鼻血の時は、職員は必ず手袋をする。感染防止のためだ。なんか、大げさな気もするが、文句は言えない。

 その先生も、キチンとディスポの手袋して、子どもを椅子に座らせ、止血している。この時、子どもの姿勢は、ややうつむき加減、上を向かせてはならない。血がのどの方に流れ落ちてしまうからだ。で、鼻を押さえて、止血・・・。

 しかし、押さえる場所がちがっていた・・・。鼻の高い位置(目に近い方)、メガネの鼻パッドが当たる位置を押さえている。・・・あれ?、そこじゃないような・・・。

 でも、この先生は、私が日頃から敬愛しているベテランである。常々、子どもとの距離感が絶妙だなと感服させられている。年齢も私と同年配。今まで、幾人の鼻血を止めてきたか知れない先生だ。・・・じゃ、私の方がまちがってる?・・・。

 「この子は私がついていますから、看護師さんは休憩に入ってください」とにこやかに言われ、私は事務室にもどり、自分のPCで「鼻血の止め方」をググる。・・・やっぱり、私の理解で間違っていないようだ。

 30分ほど過ぎて、5歳児クラスの前を見に行った。なんと、まだ、その子と先生の2人が部屋にいる。

 「なかなか止まりずらかったですね。今、やっと止まりました」と先生。

 ・・・いやいやいや、鼻血が多かったみたいですね。15分止まらなかったら、受診を考える目安です・・・

 後日、他の園の看護師さんに聞くと、ベテランの先生でも間違っていたり、知識が古かったりすることがあるようだ。そう言えば、昔は、子どもを上を向かせて首の後ろをトントンする、なんて光景があった気がする・・・。←やっちゃダメですよ。

 

 今日はこのへんで。

新型コロナワクチンで国を相手に集団訴訟。。。せめて、手のひら返せば?。。。

 書いておこう。

 「新型コロナワクチン接種後に死亡した男女の遺族など13人が、国を相手取り、東京地裁に集団提訴した。」さすが、大マスコミ、テレビや新聞も、この訴訟を報道した。これまで、かたくなに無視しし続けてきたのに。

 ようやく、”手のひら返し” が始まったのかも知れない。

 以下、訴状の抜粋(ヤフーニュースより)

 「国がワクチン接種を、新聞広告、テレビCM、果てはユーチューバーまで使って広報するなどして強力に推し進める一方、歴史上、類を見ない頻度で接種後の副反応報告が挙がった。

 そして、その中には重篤な後遺障害や死亡例も多数含まれていたにもかかわらず、そのようなマイナス情報については国民に事実上広報しないまま、接種を推し進め被害を拡げたことに対する責任を問うことを主眼とした訴訟である」

 国の広報について、当時のワクチン担当大臣のアイヒマン太郎と、ユーチューバーのはじめしゃちょうとの対談動画についても、訴状の中に取り上げられているそうだ。

 私ははじめしゃちょーという人の動画を観たことがないが、どうしてこんなプロパガンダの片棒をかついだんだろうか。

 ここまで、死亡者や後遺症で苦しむ人たちが出ているのに。もちろん、大マスコミは一切報道しなかったにしても、それを告発する声が聞こえなかったはずはない。

 

 サリドマイド薬害エイズにつづいて、未曾有の薬害事件だ。

 サリドマイドではヨーロッパで販売が中止されてから、日本で中止されるまで1年の遅れがあった。薬害エイズでは、米国で売れなくなった非加熱製剤を日本で売り続けた。

 今回のワクチン禍では、日本国民は7回接種という全世界ぶっちぎりのクレイジーな打ちっぷりだ。中長期的な有害事象は超過死亡に現れているのではないか?。まだまだ起こり続けるのかも知れない。

 私がこの問題で書けることなど大してない。今日は自分の日記として書いた。

 ひとにぎりのまっとうな専門家とジャーナリストに期待するしかない。

 部下にワクチン接種を強要した上司。看護学生など医療系、福祉系、栄養士さんなどの学生を「ワクチン打たなきゃ、実習に行けないよ」と脅した先生たち。いまだに mRNAワクチンに疑問を持つ人に対して「反ワク」「信者」などと罵る人たち。。。

 

 どうするの?。せめて、手のひら返せば?。

 

 今日はこのへんで。

 

目に砂が入ったら・・・どう洗うの・・・???

 目に砂が入った!!!

 まあ、保育園の砂場遊びでは、よくあることだ。しかし、目だもん。当然、子どもは大泣き。看護師が呼ばれる。応急処置としては、水道水で目を洗う。これ一択のはずだ。

 では、嫌がる子どもに、どう目を洗わせるか?

 先日のこと。5歳児クラスの女子、ミミちゃん(仮名)。お砂場の砂が目に入った、と担任の先生に連れたれて来た。

 ・・・見事に砂が入っている。左目の下まぶたの内側、目頭から目尻までびっしり砂が入っている・・・。おいおい、砂かけられた時、目つぶんなかったの?

 しかし、さすが5歳児。簡単に目を洗うことができた。

 外の水道の蛇口を上向きにして、そこに前屈みで顔を持って行く、担任の先生が目を開いてやる。ミミちゃんはあばれもせず、上手に目から砂を洗い流した。

 異物が除去できたら、目に充血のないこと、本人が痛がったり、目を気にする様子がないか、気に掛ける。もしも、何か気になることがあれば、病院受診。結局、何事もなく、ミミちゃんも遊びの輪に戻っていきました。

 で、昨日は1歳児クラスの女子、モモちゃん(仮名)。

 パッチリしたかわいいお目々に砂が入っている。さて、どう洗浄するか。当然、5歳児のように、言うことを聞いてくれない。

 よし、横抱きにして水道の下に顔を持って行こう。・・・モモちゃん、必死の抵抗。・・・ダメだ。目に水を注げない。で、結局、滅菌ガーゼにたっぷり水を含ませて、何度も目の上に持っていって、洗浄した。とにかく、1歳児。「お目々開けてぇ」と言っても開けてくれない、手で開こうとすると全力の抵抗・・・。

 ようやく、異物を除去できた。私から逃げていく、モモちゃん・・・。

 ちなみに、本を読むと、「子どもを横向きに寝かせて(異物が入った目の方がした)、お茶を飲む急須で水を注ぐのも良し」と書いてある。・・・なるほど、と思うがきれいな急須がない・・・。アイボンみたいなものを使うのも、目をパチパチできる子じゃないとむずかしい。あと、目頭をおさえると、涙が出やすくなって良いそうな。

 とにかく、目に砂が入ったら、ワンワン泣いて、涙を流してください。

 今日はこのへんで。

棘刺創(とげしそう)・・・見えない・・・!!!

 先日のこと。朝の登園ラッシュの時。3歳児、男子の翔くん(仮名)のお母さんに呼ばれる。

 「手に棘が刺さっているようで、痛がっているのですが、受診した方がいいですか?」との質問。

 見ると、かわいい手のひらの木のトゲが刺さっているように見える。細ぉ~いトゲの頭が長さ1ミリほど見えていて、残りは皮膚の下に潜っているようだ。皮膚の状態は、そのあたり全体が直径1センチほど、赤く炎症を起こしていて、トゲがあるのだろう部分は線状に白くふやけたようになっている。

 園長、副園長、看護師の私が代わる代わる翔君の手のひらをのぞき込む。

 3人とも老眼のお年頃である。。。

 もちろん、保育園では、皮膚をとげ抜きでほじくってトゲを抜く、なんてことはしないのである。え?、トゲくらい抜いてやればいいじゃん?。と思うでしょうが、状態によるのだ。その後、化膿したりする危険も考えて、受診してもらうことにした。

 しかし、ここで、ひとつの問題が浮上。

 翔くんのトゲは、昨日、保育園の木製テーブルで刺さったらしいのだ。そして、そのことを保育士の先生は知っていたというのだ。もちろん、その時には、翔くんも痛がることもなく、ただ、手のひらの表皮一枚にスーッと線状の傷がついただけ、に見えたのだそうだ。。。それを、園長にも看護師にも報告していなかった、というのが問題なのだ。

 ただ、しかし。報告されたって、私が見ても、トゲが刺さっているとは分からなかったかも知れない。実際、翔くん本人も、家に帰って、傷が炎症を起こして、痛み出すまで気にするそぶりがなかったのだ。(ちなみに、その保育士さんも、たっぷり老眼なお年頃だ)

 で、受診同行となった。保育園で起きた事故として扱うことになった。

 うちの保育士1名と、翔くんとお母さんで皮膚科に受診。医師は見事に2センチ近い、髪の毛よりも細そうなトゲを引き抜いてくれたそうな。もちろん、翔くんギャン泣き・・・。その皮膚科はおじいちゃん先生なのだが、さすがはプロである。

 結論。

 トゲをあなどってはいけない。何か刺さっているのではないか、としっかり見なければならない。そして、老眼の眼を過信してはいけない。。。

 考えてみれば、うちの保育園の職員は、たぶん4分の3くらい老眼である。たぶん、日本全国、似たようなものであろう。

 今日はこのへんで。

 

 

新年度が始まって。。。慣らし保育。。。

 さて。新年度が始まって、1週間が過ぎました。

 今年のカレンダーは間が悪いことに、4/1が月曜日、だから、月から金までのフル登園。新入園児のみなさん、人生初めての園生活、お疲れさまでした。。。

 うちの1歳児クラス。10名ほどなのだが、0歳児クラスからの持ち上がりは半分もいない。あとの子は、生まれて初めて、ママから引き離されたのだ。

 もちろん、新入園児には ”慣らし保育” がある。

 初日、2日目は、9:00~10:00の1時間、

 3日目、4日目は、9:00~11:00の2時間、

 そして、5日目はお給食まで食べて、お迎え。

・・・・こんな具合に2週間掛けて、保育園生活に慣らすのがうちの園のやり方だ。

 1歳児たち、生まれて初めて、ママから引き離されて、阿鼻叫喚である。た泣き叫んでいる。もちろん、この時期は、他のクラスの先生たちも1歳児クラスに集結して待ち受けている。

 だが、しかし。ひときわ長く、泣き続けている子がいる・・・

 まっちゃんだ(1歳児男子・仮名)。

 まっちゃんには、上にお姉さんがいてこの園に通っている。なので、この園自体は何度もママと一緒に来ている。私も、まっちゃんを抱っこしてやったことがある。

 4/1の初日、看護師である私が各クラスを回っていると、ひときわ大きな泣き声。まっちゃんは、クラスの中でひとり泣き止まないのだ。保育士さんに抱っこされながら、ギャン泣きを続けている。それがなんと!。私の姿を見て、救いを求めているではないか・・・。

 マットの上に降ろされたまっちゃん、私に向かってヨチヨチと進んでくる。そして、私に膝によじ登って、抱きついてきたのだ。そして、・・・ようやく、まっちゃんが泣き止む。私の腹に顔を押しつけたまま、チラチラと周囲を観察している。・・・なぜかは知らない。わからない。しかし、・・・まっちゃんは、私だと安心するのだ!!!

 そのまま、まっちゃんは、何分経っても、私から離れようとしない。

 並み居る保育士さんの中で、この子が心安まるのは私の腹なのだ。ちょっと、誇らしいような気持ちの私。。。

 「ほらほら、看護師さんはお仕事あるんだって。またあとで遊んでもらおうね~」周囲の保育士さんが引き離してくれる。・・・なんだか、私まで身を裂かれるようだ。

 泣いて私にすがりつこうとするまっちゃんを振り切って部屋を出る。

 なんて、かわいい子なんだろう♡。

 2日目もまっちゃんは私を求めた。しかし、3日目、まっちゃんはあまり泣かなくなった。相変わらず、私を見るとヨチヨチ来て抱っこを求めるが、だんだんと保育園の環境に慣れてきたようだ。もう、初日のように必死で私に救い求めることはなくなった。まっちゃんの自立・・・、ちょっとさびしい私。

 そして、5日目、私の前でちゃんと給食を食べられた。。。えらいぞ、まっちゃん。

 ベテランの保育士さんに言わせると、最初のうちにしっかり泣き叫んでいるこの方が、安心なのだそうな。最初にギャンギャン泣かない子は、そのあと長い期間、メソメソするとか。そういうものなのかな。

 まっちゃん、いつでも泣きに来ていいからな。

 今日はこのへんで。